読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自宅サーバとして使用する基本

AS3102TはApacheなどの基本的なサーバとしての機能は、Webインターフェース(AMD)で設定することができます。

公式のサポートページなど色々説明がありましたので、参考にしながら設定すれば基本的な機能は使うことができます。

それ以上に色々しようと思った場合は、端末にSSHでアクセスできるようにして(ADMのサービスから端末を選択、SSHサービスを有効にする)コマンドラインから各種設定を行うことで実現できます。

ASUSTOR NASのOSはAMDと書かれておりますが、カスタマイズされたLinuxのようです。ただ、通常のディストリビューションとは色々違うので、苦労します。

entware-ng

apt-getのようなパッケージ管理ツールですが、ASUSTOR NASではentware-ngというものが利用できます。entware-ngはApp Centralからインストールできます。まずはこれをインストールします。その後、SSHでログインし、色々必要なパッケージをインストールします。

(とりあえず必要なコマンド)

opkg update   リストをアップデート

opkg list   インストール可能なパッケージの一覧

opkg insall    インストール

gccや、makeなどもこちらからインストールしないと使用できません。

インストールしたものは、基本/opt/binに格納されるようです。

場合によっては(元々入っているApacheで動かしているcgiからコマンドをよびだした時とか)、/opt/binにパスが通っていなくてエラーになることもあったので注意が必要です。

あともう一点注意点ですが、entware-ngではopkg installでインストールしても、ヘッダーファイルがインストールされません。

Using gcc (native compilation) · Entware-ng/Entware-ng Wiki · GitHub

にありますように、ヘッダーは別途インストールする必要があります。